バルトレックスは授乳中に飲んでもいいのか

ヘルペスウイルスに感染し、発症すると処方される事があるバルトレックスですが、妊婦さんが心配されるのは、この薬品が果たして、お子さんにとって安心かどうかという点でしょう。
妊娠中では施主した薬品の影響は胎児にとって小さなものではなく、安全性が確立されていない薬品は、避けるべきというのは妊婦さんでしたら常識のことです。
授乳中の場合にも母乳を通して成分がお子さんに届いてしまうので、もちろんあてはまります。

授乳中では特に、粉ミルクではなく母乳で育ててあげたいと感じる方も少なくはないでしょうから、バルトレックスの影響や安全性について、また、お子さんに与える影響についてはしっかりと調べておきたいものです。
心配だからといって母乳を中断し、粉ミルクに切り替えるには、まだ早いです。
母乳が選べるのでしたら、粉ミルクよりもそちらのほうが良いでしょうし、まずはキチンと、この薬の安全性と危険性について調べておくと良いでしょう。

バルトレックスの使用注意情報を確認してみますと、説明書には、服用の際に注意が必要な方として、妊娠中の方、授乳中の方が挙げられています。
安全性自体は低くはないとされる薬品ですが、この点を考えると、授乳中の方は慎重に判断したほうが良いでしょう。
この薬品は、授乳中の場合や、胎児への影響という点では、明確に禁忌的な問題が存在すると言うわけではありませんが、必ずしも安全であると保証されたものでもありません。
特に、妊婦さんの場合で胎児の器官形成が活発な時期などは、自己判断での服用は避けたほうが心配が少ないでしょう。

インターネットで調べてみると授乳中、妊娠中でも問題なく飲めると言う情報も見当たりますが、出来れば医師の診察を受けて、適切な処方のもとで服用するのが好ましいと考えられます。
ヘルペスは他人には相談しづらい麺もあるかとは思いますが、特に妊婦さんや胎児、お子さんへの影響を考えると、きちんと専門家の判断に則って判断する方が安全と言えるでしょう。
まずは、医師への相談がオススメできます。

医師と薬剤師でも意見が分かれることがある

バルトレックスを服用する際には、きちんと医師の診察を受けて、病院で処方してもらったほうが良いでしょう。
ヘルペスかどうかも自己判断では確実には判りませんし、他に適している薬品が見つかるかもしれません。

薬剤師にも相談することは可能ですが、出来れば医師に掛かった方が良いでしょう。
医師は薬剤師とは違い、患者さんの状況をしっかりと医学的に観察し、診察することが出来ます。
対して薬剤師の方は、そう言った患者さん個人個人の詳しい事情や、体のことまでは判断できないことも多いです。
この為、医師と薬剤師の両方に相談してみると、両方の意見が分かれていて、不安になってしまうという事もしばしばあります。
薬剤師の方も、嘘をついていたりするのではなく、薬学に関して知識と経験を活かして相談には乗ってくれるのですが、やはり、各種医療行為を行える医師とは違うので、アドバイスも違ったものになることがあります。

バルトレックスの影響が心配という場合には、しっかりと医師に相談することをおすすめします。
妊婦さんの状態や胎児の発育状況、お母さんの体調やお子さんの状態に合わせて、適切な判断をしてくれるはずです。
母乳を与えて良い時期や、粉ミルクに切り替えたほうが良い時期など、心配な点があれば、納得できるまでじっくりと話を聞いてくれる医師を探すことは大切です。
もし、粉ミルクに切り替えになったとしても、それでお子さんの安全が確保できるのでしたら、それに越したことはないでしょう。

近頃では女性の方が相談しにくくい病気でも、女医の診察が受けられたり、レディースデイと呼ばれる、女性患者の方に向けたサービスも提供されています。
今から病院を探すという場合には、こういった病院があることも念頭に考えてみては如何でしょうか。