ヘルペスウイルスを放置した場合と再発

ヘルペスとは、小さな水ぶくれができてしまう急性の炎症皮膚疾患です。
水ぼうそうや帯状疱疹もヘルペスの1種で、最も多いのが口唇ヘルペス、次に性器に発症するヘルペスが多いとされています。

ウイルスによる感染症で人に感染するヘルペスウィルスは8種類ありますが、主に口唇や顔面などにあらわれる単純ヘルペスウイルス、HSV-1と、下半身の性器などに発症するウイルス、HSV-2の2つのに分類されます。
身体のあらゆる部位に発症することも特徴で、顔、歯茎、手指、目の角膜、そして脳に感染してしまうとヘルペス脳炎をひきおこします。

再発しやすいことも特徴で発症しやすい人は、いつものことと軽く考える傾向が強いのです。
ヘルペスは治療をしなくても免疫の働きで、ほとんどの場合が自然に治癒して消えてしまいます。
そのため悪化しないならと治療せず放置してしまう方が多くみられます。
しかしヘルペスは腫れや水疱が消えても、ウイルスがいなくなった訳ではないのです。
ヘルペスウイルスは1度感染すると、体内の知覚神経節に潜み、免疫力の低下など再発しやすい状態になるまで潜伏しているのです。

再発しても患部を清潔にしておけば自然に治るからと放置するのは、実はとても危険なことなのです。
口の目立つ部分にできる口唇ヘルペスは放置して、適切な治療をしないと色素が沈着してシミなどが残ってしまう可能性もあります。
そして疲労やストレスなどで体力が低下し、免疫力が衰えることでウイルスが増殖して活発化し、再発のリスクも高まります。
再発したヘルペスを放置することで、ウイルスはさらに増殖してしまうのです。

ヘルペスを放置して治療をしないことは、別の部位への感染や家族や大切な人にうつしてしまうリスクも高めます。
単純ヘルペスウイルスは主に接触感染なので、水疱にさわった手で別の部位にさわったり、咳やくしゃみによって飛び散った分泌物でも感染するのです。
「愛のウイルス」と呼ばれるほど、親しい関係の人に感染させてしまうケースが多い病気なのです。

再発しやすいヘルペスは、数日放置すれば自然に治る、ちょっと疲れが出たくらいの軽い病気と考えがちです。
しかし、自分だけでなく人にもうつしてしまうリスクと、さらに深刻で重篤な病気ひきおこす可能性もあるのです。

ヘルペス脳炎は最悪の場合死に至る?早めの治療が必須

口唇ヘルペスをひきおこすHSV-1ウィルスは、痒みや痛痒さがあらわれた頃から増殖し始め、膨れてきた水疱のなかには、大量のHSV-1ウィルスがうごめいています。
このHSV-1ウィルスは、最悪の場合、死に至るケースもありえるヘルペス脳炎をひきおこす可能性があるのです。

ヘルペス脳炎はヘルペスウイルスが脳に入り込むことで発症する、悪化すると命にもかかわる病気です。
HSV-1ウィルス、HSV-2ウィルスのどちらかのウイルスに感染することで発症しますが、口唇ヘルペスを感染させるHSV-1ウィルスから感染するケースがほとんどなのです。
ウイルスは神経細胞が集中している神経節、血流を経由して脳まで到達し、ヘルペス脳炎を発症させるといわれます。

頭痛、発熱、嘔吐、そして病状が悪化すると、けいれん、意識障害、言語障害、半身不随といった重篤な状態に陥ってしまうのです。
ヘルペス脳炎の発症が疑われる場合には、少しでも早く抗ウイルス剤の投与を始めて治療する必要があるのです。
有効な抗ウイルス剤によって、命にかかわるほど悪化するケースは少なくなったヘルペス脳炎ですが、脳へのダメージから後遺症が残ってしまう可能性が高いのです。
どうせ自然に治るからと口唇ヘルペスの治療をおこなわず放置して、再発のリスクを軽んじていると自分だけではなく大切な人への感染や、重篤な恐ろしい病気をひきおこしてしまう危険があることを意識する必要があるのです。

ヘルペスは再発しやすい、とてもしつこい病気です。
しかし初期の段階で適切に治療することで、悪化と再発のリスクを減らすことができるのです。
ヘルペス脳炎といった恐ろしい病気にならないためにも、ヘルペスは再発しやすい、悪化と感染のリスクが大きい病気であることを自覚して、早めの治療を心がけることが大切なのです。