帯状疱疹の症状と間違えやすい病気

帯状疱疹帯状疱疹は、水ぼうそうと同じウイルスが再び活性化することで発症する病気です。
初めて水ぼうそうに罹った後、帯状疱疹ウイルスは、知覚神経に沿って顔面の三叉神経や脊髄の神経、坐骨神経などの神経細胞に潜みます。
普段は何も悪さをすることはありません。
私たちに不利益を与えることもなく、大人しく住み着いています。

しかし、体の抵抗力が低下すると帯状疱疹ウイルスが活性化して暴れ出すことがあります。
抵抗力が落ちやすい高齢者の発症が多いです。
また、若い人でも過労やストレス、抗がん剤や免疫抑制剤やステロイド剤を飲んでいる人、大きな手術をした人、感染症にかかった人は発症リスクが高くなります。

日本では6~7人に1人が発症しています。
今後、超高齢化社会を迎えると、ますます帯状疱疹になる人が増えることが予測されます。
最初の症状は、ピリピリした痛みやチクチクした痛みが体の右半分か左半分のどちらか一方に起ります。
お腹や胸、背中、顔が多いですが、全身どこにでも起こります。
この時期には、まだ帯状疱疹とは気づきにくいです。

その後数日から1週間ほどすると、痛かった部分に赤い斑点のような少し盛り上がった発疹が帯状に出ます。
この時期に発熱や頭痛、リンパ節の腫れや関節痛が見られることもあります。
この時期になると、気づきにくいと言うことは少ないです。

5日から1週間ほどすると、紅斑の中央に黄色い膿のようなものができ、やがて破れてただれてきます。
その後は黒いかさぶたとなり、かさぶたが剥がれて治ります。
もうこの時期に気づきにくいと言う人はいないでしょう。
ピリピリした痛みやチクチクした痛みがあることや、紅斑は目に見えるので、医師が診察すれば大抵は診断できます。
しかし典型例ではない場合、症状が似ている他の病気との見極めが必要になることがあります。

症状が似ている他の病気には、接触性皮膚炎、水痘、蕁麻疹、日光湿疹、単純ヘルペス、自己免疫性水疱症、熱傷があげられます。
神経に沿った左右どちらかの発疹か、ピリピリ、チクチクと言った痛みがあるか、今までに水ぼうそうに罹ったことがあるかなどがポイントです。
また、疲労やストレスがあったか、高齢者であるか、免疫抑制剤やステロイド剤や抗がん剤を使っているか、大きな手術を受けたり感染症に罹っていたか、なども見極めポイントです。
一般的には抗体を調べることはありませんが、見極めがつかない場合は、このような方法で見極めます。

帯状疱疹の疑いがあったら何科を受診すればいい?

帯状疱疹の診察は、基本的には皮膚科です。
しかし皮膚科のかかりつけ医を持っている人は少ないでしょう。
また、皮膚科は内科に比べると開業医や病院の軒数も少ない傾向があります。
「内科なら、かかりつけの病院があるけど、皮膚科はもう何年も行っていない」という人や、「内科なら近くにあるけど、皮膚科は電車に乗って行かないと近所にはない」と言う人は、内科でも大丈夫でしょう。

帯状疱疹は、病院に入院中の患者さんや内科に通院中の患者さんにも時々見られることがある病気です。
内科医でも大抵は知っているし、治療もできます。
大きな病院まで行かなくても近所のクリニックでOKです。
しかし、典型例でない場合は、他の似ている病気と誤診されて、帯状疱疹だとは気づきにくいこともあります。

日光湿疹や蕁麻疹等の似ている他の病気との見極めは、帯状疱疹は、蕁麻疹のような強いかゆみはないので、かゆみが強い場合や痒くて掻き壊した場合は、皮膚科が良いでしょう。
アレルギー体質の人が飲食後に紅斑が出た場合は、蕁麻疹の可能性が高いです。
日光に当たった後であれば、日光湿疹の可能性が高いでしょう。
また、蕁麻疹も日光湿疹も一見似ているのですが、蕁麻疹や日光湿疹で発疹が体の左右半分だけというケースは少ないのです。
右半分か左半分だけの場合は、帯状疱疹だと考えて受診する診療科を決めても良いでしょう。
発疹が出る前でピリピリすると言った症状だけの時期は、帯状疱疹と気づきにくいです。
神経痛と診断されたという例もあります。

関節痛だけが初期症状だったと言う人もいます。
関節痛で皮膚科へ行く人はいないでしょう。
関節痛だから整形外科へ行ったけど、数日後に発疹が出て、慌てて皮膚科へ行ったとケースもあります。
関節痛だけ、リンパの腫れだけ、ピリピリとした痛みだけという場合は、医師でも帯状疱疹だとは思わないことが少なくありません。
全身を診れば発疹に気づくこともあるでしょうが、服をめくって全身を診る医師は少なくなりました。
どの診療科か判断がつきにくい場合は、病院の受付けなどで相談するか、かかりつけ医に電話をしてから受診すると良いでしょう。