性病が広まる理由!初期症状が気づけない

近年、多くの性病に感染する確率が上がっていることが社会問題になっています。
これらの主な理由は性病の初期症状に気づけないまま、無症状の状態で性行為を行うことでパートナーに感染させてしまったり、不特定多数相手の性行為などによって爆発的に性病を蔓延させてしまうなど様々です。

このように性病の中には初期症状に気づけない無症状のタイプの病気が多く存在していて、いつの間にか感染や感染させてしまっているといった、
自覚のないまま日常生活を送っている患者もたくさんいるといわれています。
特に若者世代に深刻な状態が続いており、性病の中には治療せず放置してしまうと、不妊症の発症や婦人科疾患にかかりやすくなってしまうなど、
とりかえしのつかない大きな悩みにもつながってしまうため注意が必要です。
男性の場合は性器の構造上、比較的このような病気に気がつきやすいといわれていますが、それでも見ただけでは気づけない病気も多いので、男女ともに日頃からの注意や検査を受けることが予防につながります。

性行為の時には正しい避妊具の使用などが性病予防につながる可能性が高く、世界的にも避妊具の使用は推奨はされてはいます。
使用するかどうかは個人の判断によることや、避妊具の未使用や不特定多数との行為などが深刻な問題になっている理由のようです。
また性行為以外でも公共の施設のトイレや浴場など共用部分に接触することで感染してしまう病気も存在するので、病気を蔓延させない為にも、日頃からしっかりとした自己管理と予防が最も効果的な方法となってきます。
このような病状を放置しない為には初期症状の早期発見・早期治療を行うことが、重要となってきますが単なる目視や自己判断は大変難しく正確さに欠けます。
目に見えて異常が現れることもありますが、無症状のまま悪化してしまったり、病状が進行してしまうこともあるので早期発見・早期治療の為にも、まず検査を行うことが第一歩となります。

感染しても無症状の性病を早期発見するためには検査を

初期症状に気づけない無症状の性病を早期発見するためには、専用のキットなどを使用した「検査」をする事が一番確実な方法です。
検査を行うことで発見されにくい気づけない初期症状の発見や早期治療を開始することにもつながります。
性病の殆どは病状が進行してしまい深刻化すると、完治するまでに時間が必要になったり完治しても後遺症に悩まされるなど、治療が遅れてもいいことはなにもありません。

治療を完了しても再発しやすい病気もあります。
さらにパートナーにも感染してしまっている可能性も高いので、自身に陽性反応がでてしまったり心当たりや不安がある場合はパートナーにも検査を受けてもらう必要性もでてきてしまいます。
無意識のうちにパートナーを傷つけてしまうことにも繫がるのです。
性病の種類によっては、病気が深刻化してしまうと完治しないばかりか体が変形してしまったり、最悪、命に関わってしまう場合もあるので軽視できない問題です。
特に時間をかけて無症状のまま病状が進行してしまい、性行為を行ってしまったり、共用で使用するものを介して無意識のうちに病気を感染・蔓延させてしまうことが社会問題につながってしまいます。

このような問題を深刻化させないためにも、個人での意識の持ち方や行動の管理、病気の早期発見・早期治療など自主的に行うことが重要になります。
近年では病院に足を運ぶことに抵抗がある方向けに、個人向けや自宅で使用・発送できる検査キットなども販売しています。
健康保険は適応されないことが多いようです。
早期発見や早期治療を行うことが、自分自身やパートナーを守ることになったり、社会問題を減少させたり、解決することにもつながる大変重要な行為といえます。